ます寿司①~高田屋(1)・川上鱒寿司(1)・青山総本舗(1)

ます寿司食べ比べ~越中鱒寿し 富乃恵
mちゃんが富山のお土産 ”鱒寿し” を買ってきてくれました。
画像

富山駅”きときと市場とやマルシェ”の ”越中鱒寿し 富乃恵”では、
常時9ブランドの鱒寿しを扱っているとのこと。
mちゃん、その中から3種類買ってきてくれました。

リーフには、各々「鱒の酢〆具合」「お寿司の押し具合」「ご飯の酢加減」をチャートで表記。
画像

つい見入っちゃいます。

鱒寿し本舗高田屋
画像

リーフ”130余年の歴史をもつ鱒寿しの老舗。ふっくらもちもち食感をお楽しみください”
 鱒のレア度4・酢飯の押し具合3・酢飯の酸味3
画像

画像

適度な締まり具合の風味良い鱒寿しです。
昔ながらの基本的な鱒寿しという印象かな。


川上鱒寿司
画像

リーフ”食べ応えある半レアの鱒の身と優しい味付けが特徴の鱒寿しです。”
 鱒のレア度4・酢飯の押し具合5・酢飯の酸味3
画像

画像

レア感がある桜色の鱒寿し。
第一印象はキレイ~!
酸味は抑えめなので、鱒の本来の味を楽しめました。


青山総本舗
画像

リーフ”全ては理の基に。昆布だしの効いたご飯と粗塩〆したお魚を千鳥酢でまとめてみました。”
鱒のレア度5・酢飯の押し具合3・酢飯の酸味5
画像

画像

3つの中で一番身が厚くレア感が強い印象。
その割に酢飯は昆布出汁の酢がきいたタイプ。
レア度が高い分イマドキな感じ。


これまでずーっと、”源”の鱒寿しばっかだった我が家。
とても楽しい食べ比べになりました。
鱒寿しにもこんなに個性があるんですね~。
どちらもそれぞれの美味しさで甲乙つけがたいです。
この食べ比べハマリました。
今度富山に行くときは”源”から浮気しちゃいそう!
mちゃん、楽しいお土産ありがとう!

ご馳走様でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック