元湯 孫九郎 福地温泉~お食事編

元湯 孫九郎 福地温泉~お食事編

源泉100%の『本物の温泉』の温泉旅館”孫九郎”
お食事編です。
IMG_1932.jpg
お食事は本館の”お食事処”でいただきます。
IMG_1939.jpg
おーこんなんだったね~とは言えど、
13年前の思い出は ”五平餅” ・・・
ある意味、新鮮で楽しみです!

まずは”夕餉”
あつあつの川魚や手作りの五平もちなど、奥飛騨の郷土料理が楽しめる炉端風会席(遠赤ガス使用)とのこと。
そうそう、思い出してきました~

IMG_1933.jpg
IMG_1937.jpg

おじいさんの手作り梅酒 ブレンドで乾杯!
IMG_1944.jpg
IMG_1941.jpg

先付は飛騨らしく”こごみのごまあえ”
IMG_1943.jpg

前菜の”青梅 枝豆豆腐 コーン松風 きゃらぶき”
IMG_1945.jpg

お造りは~”飛騨マスと河ふぐ(なまず)”
IMG_1951.jpg

炊きあわせ ”ひすい羽二重冬瓜と煮穴子の露しょうが”
IMG_1955.jpg

焼きものは、飛騨の山奥ですもん、
IMG_1934.jpg
川魚(マス)塩焼き
IMG_1948.jpg
8割火が入ったものを焼き上げます。

飛騨っぽく”川背”に置いてみました。
IMG_1949.jpg
飛騨では川魚は背中が手前なんです。

自家製えごま(あぶらえ)みその五平もち
IMG_1938.jpg
こちらも最後の焼き上げは自分で~
IMG_1961.jpg
IMG_1965.jpg
いわゆるあぶらえ(えごま)オンリーではなく、
お味噌がブレンドされた感じの孫九郎の味でした。

”A5等級 飛騨牛温泉しゃぶしゃぶ”
IMG_1959.jpg
飲泉許可取得の自家温泉でのしゃぶしゃぶです!
温泉宿ならでは〜ですね。

揚げもの ”あまごの香りあげ 夏やさい”
IMG_1957.jpg

強肴 ”鯉のあらい 酢みそかけ”
IMG_1952.jpg

お食事
IMG_1966.jpg

デザート
IMG_1967.jpg

にて終了~




続いては”朝餉”は、
”朴葉みそ”に、薬湯である大湯の源泉を使用した”源泉粥”
飛騨っぽくてイイですね!
IMG_1986.jpg

IMG_1991.jpg


IMG_1987.jpg
IMG_1990.jpg
IMG_1989.jpg

IMG_1998.jpg

IMG_1992.jpg
IMG_1993.jpg
IMG_1994.jpg
IMG_1995.jpg
IMG_1996.jpg
IMG_2001.jpg

IMG_2003.jpg

IMG_2004.jpg
IMG_2005.jpg
IMG_2007.jpg
IMG_2002.jpg


”元湯 孫九郎”のお食事、
奥飛騨の山奥らしい食材に、
純朴で丁寧なお料理は旅行客ウケ確実!
最後に焼き上げる系も、
田舎の囲炉裏端な雰囲気を満喫でき、
かつ誰でもキチンと完成できるので楽しい限りです。
総評としては、
お宿のコンセプト”本物の温泉”そのものの”まじめなお料理”かな。
私たちとしては、
13年前をじんわり彷彿させられるお料理たちだったのでした。

ご馳走様でした。


元湯 孫九郎旅館 / 高山市その他)

夜総合点-


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント